「個人再生」とは?《知らないと損する個人再生の豆知識》

「個人再生」とは?《知らないと損する個人再生の豆知識》

「個人再生」とは?《知らないと損する個人再生の豆知識》

手に負えないような借金を抱えてしまい、とても自分だけでは返済することができなくなった場合に債務整理で借金を整理することができます。
債務整理というと自己破産や過払い金請求などがよく知られていますが、2001年度から新しく導入された個人再生という債務整理があります。
個人再生とは債務返済能力を超える債務を整理することができる制度であり、任意整理と自己破産の間をとったようなものですが過払い請求を行う任意整理よりも減額幅が大きく、自己破産のようにマイホームや車を手放さなくて良いのが特徴です。
これは裁判所を通して手続きを行う必要があるのですが、再生計画が認可されると大幅に減額された借金を3年間で分割して返済していくことができるという制度です。
また個人再生とは自己破産と異なって、借金の理由がパチンコやギャンブル、ブランド物などの浪費であっても手続きができるということもメリットといえるでしょう。
デメリットといえば信用情報機関に登録されるため、一定期間の間はクレジットカードの利用ができなくなったり、ローンなどが組めなくなるので大きな買い物はできなくなるということです。
つまり全額を返済することはできないけど、少しずつでも借金を返していくことができそうな場合に適しているといえます。
個人再生とは手続が複雑で長期間の時間を要するため、個人再生を検討しているのなら法律の専門家である弁護士や司法書士に相談して、依頼することをおすすめします。