個人再生をして官報に掲載されました!ご近所にはバレますか?

個人再生をして官報に掲載されました!ご近所にはバレますか?

個人再生をして官報に掲載されました!ご近所にはバレますか?

多額な借金はあるけど、マイホームやマイカーは失いたくないので自己破産だけはしたくないという人もいます。
そういう人にむいている債務整理方法が個人再生です。
個人再生は、住宅や車などの財産を手放さず手続きができるのが特徴です。
しかし、誰でも個人再生ができるわけではなく条件があり、住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下であり、継続して収入を得る見込みがある人となります。
パートやアルバイトで生計をたてていても継続して収入があれば個人再生の申請できますが、収入がない無職の人は他の債務整理方法を選ぶことになります。
個人再生は裁判所に申し立てしますが、自己破産のように全額を免責するわけではなく、債務を大幅減額してもらい長期にわたって分割払いをします。
返済は3年で完済することになっていますが、特別な事情があれば5年まで伸ばせます。
債務が原則として5分の1まで減額され、手続きをすると債権者は強制執行ができなくなります。
借入が今後5~10年はできなくなるので、申請する時はよく家族と相談してください。
個人再生が認められると、自己破産した時と同じく一定期間住所氏名が官報に掲載されます。
官報とは国が発行する機関紙で、破産や相続に関する裁判内容が掲載されています。
直近1カ月の情報は、官報のインターネットサイトでも情報公開されます。
官報は一般の人はほとんど読むことはないので、個人再生が知られるリスクは少ないと言えます。