個人再生のデメリットとは?※知らなかったでは遅い個人再生の知識

個人再生のデメリットとは?※知らなかったでは遅い個人再生の知識

個人再生のデメリットとは?※知らなかったでは遅い個人再生の知識

債務整理の方法には個人再生というものもあり、裁判所に提出を行った再生計画について認可が行われると、原則的に債務が5分の1に減額になります。
そして、残された債務について、3年から5年ほどの期間をかけて分割払いすることによって完済を行います。
個人再生の場合には、自己破産のような財産のほとんどを処分しなければならないデメリットはありませんので、住宅を保有したまま借金の整理をすることができます。
個人再生の手続きにはメリットも多いものと言えますが、当然デメリットもあります。
自己破産の場合では成立することによって、借金が帳消しになりますので返済義務が無くなるわけですが、個人再生の場合では減額された借金の返済を継続的に行う必要のある手続きになりますので、安定した収入を得ている人でなければ手続きを成立できないことになります。
個人再生以外の債務整理を行った場合でも背負うデメリットとなりますが、官報に掲載されます。
官報に掲載されることによって、第三者に個人再生の手続きを行ったことが知られることになると言えます。
また、ローンなどの金融業者からの借り入れに関して、ブラックリストとして登録されることになりますので、5年から10年ほどの間は審査に通過できないこともデメリットになります。
過去に個人再生の手続きを行った個人情報が、情報機関に登録されることによって、新規の借り入れの申し込みをしたときに金融業者が情報機関に問い合わせることで情報を得られますので審査に通過できないものと考えられます。