個人再生の手続きには費用がかかる?どのくらい必要なのか?

個人再生の手続きには費用がかかる?どのくらい必要なのか?

個人再生の手続きには費用がかかる?どのくらい必要なのか?

借金の額が大きくて、毎月の利子の支払いに四苦八苦して、借金の元本がなかなか減らないということで困っているという人の話をよく耳にします。
そういった人たちのために様々な救済処置があります。よく耳にする自己破産もそのうちの一つですが、自己破産ほどまでにはいかない救済措置のとして、個人再生というものがあります。
では、この個人再生というのはなんでしょうか。
個人再生というのは、自己破産と同じように裁判所に申し立てをしますが、自己破産のように全部の債務が免責になるのではなく、債務を大幅に免責(だいたい1/5程度)にしてもらい、任意整理と同じく、長期の分割払いにして返済を楽にすることができる制度です。減額幅は、任意整理より大きくなるのが特徴です。
ではこの個人再生にはどれほどの費用がかかるのでしょうか。
まず申立手数料として収入印紙が1万円、そして予納金として1万2000円ほどの費用がかかります。
加えて、裁判所によって、個人再生委員を選任する必要があるので、その報酬として20万円ほどの費用がかかる場合があります。
個人再生手続きは債務整理手続きの中でも難易度が高いものです。それで多くの場合、弁護士または司法書士に依頼することになります、相場として、弁護士であれば30万円から60万円ほど、司法書士であれば20万円から30万円ほどです。
法律事務所によって値段の差異があるので、事前によく調べておく必要があります。